HSPで看護師の私の不器用で繊細な日常を綴っています。

こんにちは、ゆきんこです。

最近本業の訪問看護の方が忙しすぎて
心も体もかなりしんどい私です。

「やめたいやめたいやめたい」
何度も家で口にしています。

自分の時間も作れず、体もへとへとで
ぎっくり腰になりそうで本当に怖いです 。
(ギックリ経験者なので、本当に恐怖なんです)

そんな、心がやさぐれている時の出来事を描いてみました。
変に長くなってしまいましたが、
よければ読んでください。


C7F08934-9B28-4FAA-8C8D-BDC57DE22058

F60260B4-8574-4059-B452-CBB5D079A8B8

ほんと、不器用の極みなんですよね。
他の人は当然の如く1人でやってのけるんですが。。。
私の時は奥様が手を貸してくれるんです。
本当にすみません。。。

5B7973F7-E010-41A4-9E4D-F292571B8236

F8B8B28B-DCA2-4F10-9BB5-7DD2CDF4074A


最後は必ず呼吸苦の確認と、して欲しいことがないか聞いています。
何もないようだったので帰ろうとしたその時、


89A2B643-4FC6-47F6-B246-290F2E5B31EF


左手をあげて握手を求めてくるんです。

01FAC77F-6D53-4001-A62C-A3FE510323BF





そんな挨拶を交わし、玄関から出ようとすると
奥様が小声で





21B1FBC6-2F3B-403B-B949-845136F1760C



0DFDE657-3215-48A3-B9F1-600F05FFB41F







32223855-BC16-4E3E-8C7C-D91B54CE3B1E



6E18F548-8678-4A52-AE62-0BB718AF7313


毎日辞めたい気持ちでいっぱいだったので、
こんなふうに言ってもらえるなんて思っておらず
本当に泣きそうになっちゃいました。
こういう時なんて返したらいいかわからなくて
「逆に」とか言っちゃう私です。。。 

辞めたいのに変わりありませんが、 少しだけ心救われました✨
もう少しだけ頑張ろうと思いました。


辞めたいというか、パートになって働く時間を減らしたいです。
ここ最近の今のステーションの忙しさが異常です。。。。
ところで、お通じ出しますとか、出して行きますとか
もっといい表現ないものかな、と思っちゃいます。
お通じ確認しますね、とかの方がいいかな。
すごく難しいです。
 


遡る事6、7年前、私は病棟勤務をしていました。


BDB8561C-D23F-488F-BD8A-A9363DE95EB8


マルチタスクがこなせない、アセスメントもできない

緊迫した環境ではすぐにテンパってしまうなど、

新人の頃から看護師に向いていないと感じていました。


45140CF3-020C-457D-98CA-F4ED25F96DBA

先輩達の間で板挟みにあったり、

同期の先輩や上司へのゴマスリなんかを見ているだけで

体調がおかしくなるのも感じました。






新人の時に配属された病棟はすぐに移り、

比較的落ち着いた科で働くことができました。


しかし、やはり人間関係は付き纏うもので、

特に辛かったのが夜勤と、


ここにも存在していた先輩達の板挟みでした。


C5F26AA8-A782-4E02-9644-07F4EC65D3DC



3年ほど経験した後、全てが合っていないと感じ退職。

看護師として働く事自体が辛くて美容の世界に足を踏み入れました。


FF91996A-40C6-4933-A26E-DEE5ACCE2454

美容のお仕事は日中のみで、

月々のお給料は夜勤をやっていた時と同じくらい頂けました。

患者さんが急変することはなく、落ち着いて働ける。

自分に向いていると感じました。


しかし、そう感じたのも初めだけで、私の心は段々と疲弊していったのでした…


※美容時代は多少メイクはしていましたが、
現在は全然です。。。
太ったし。。。

昨日髪を切りに行ったら
キノコ頭みたいになりました

安定のボブじゃなく、
新しい髪型に挑戦した自分の責任です。。。

担当してくれている美容師さんの腕は確かなので、
また頼みたいな。 

皆さんは、生きづらいと感じたことはありますか?

私はあります。物心ついた頃からずっとです。

1BB46BE6-CCAF-460C-9965-44F52B0AE03F

昔の記憶を辿ると、楽しかった事はあまり思い出せません。

なかったわけじゃないけど、心に残らなくて

苦しかったこと、辛かったことばかり

強く心に刻まれているのです。


学校では、クラスの人とも話が合わないと感じていました。
いわゆる「女子の会話」がすごく苦手で、何が面白いのかわかりませんでした。 

複数人で会話すること自体が苦手であり、
1人や少人数でいると心が落ち着きました。


C8F6FA22-B45B-4723-B615-5365981C0DCF

実家はとても息苦しい家でした。

「寝る間も惜しんで勉強し、働き、忍耐強く生きる」ことが美しい。 

それこそが「人としての正しい姿」、というような教育だったのです。

学校で辛いことがあった時、
親は幼かった私に対して
「世の中なんてそんなものなんだから、あなたが我慢しなさい。
これからもっと辛いことがあるんだから、今そんなんでどうするの?」
と話していたのです。
この時私はまだ、小学生低学年でした。 

親は立派な人間になってほしいという思いだったのでしょう。
そうならなければと思う反面、
満たされない心をどうしていいのかわからず、ずっと苦しんでいました。


そんな環境で、「自分らしさ」が発揮できず、

「苦しい」と感じつつも、原因も理解できていませんでした。
うまく自覚できていなかった私は

気がついたら「早く親元を離れたい」と思うようになっていたのです。


そして決定的な出来事があり、私は家族と絶縁を決意したのです。

「看護師になれば経済的に自立でき、親元を離れられる」

その思いだけが私にとっての救いでした。
 

1BAEBCDD-5C74-43A2-AFB3-19EF5B8A69F7

親と絶縁し、全ての苦しさから解放されたと思った私は、

心の枷が外れ、これからのやってくる毎日に心を踊らせていました。


しかし実際は、人間関係で悩み、仕事は長く続きませんでした。

転職は看護師だけで6回以上、

20代の時のフリーター時代を含めると、20回を越えていると思います。


6F2F9305-E202-45D8-AE66-F3040BEB43C7


どこにも馴染めない

家族ともうまくやれない

また仕事を辞めてしまった

そんなことで私はずっと苦しんでいました。


そして、新型コロナの流行で、世界中の医療が逼迫

生活様式も一変、失業者も増えた2020年。

30代中盤の私は、また職を失ってしまったのでした。


※家族との話は今後書こうと思っていますが、

なかなか自分の中で消化できず、

もしかしたらカットしてしまうかもしれません。


つづく


※なんで一枚目半袖で描いたんだろう。後で気づいた私です笑 

こんにちは、ゆきんこです。


明けましておめでとうございます。

だいぶご無沙汰になってしまいました。

きっとこれからも亀更新です笑笑

新年明けたので
少しずつ、HSPとの出会いや、自分の事を綴っていきたいなと思います。
 

7B4A5F51-E668-437B-BC3C-CD397463C69E

改めてHSPってご存知でしょうか?

最近はテレビでも取り上げられてるので、ご存知の方も多いかもしれません。

ハイリー(Highly)

センシティブ(Sensitive)

パーソン(Person)


の頭文字からとられたもので、

様々な刺激に対して非常に敏感で繊細な人

と捉えられてるかなって思います。


私もHSPだってことは何回も主張してきたかもしれませんが(笑)

でも、私とても攻撃的な性格で、ひねくれてるんです


11FCC9FE-1AD7-4541-A34A-645D91161870


え、、、HSPさんって優しいんじゃないの?と思われると思います。

でも、私は正直いうとそんなに優しくはないです。
 

自分で言うのもなんですが、
人よりも優しい部分は持ってるんです。
優しすぎるというか。自分で言うのもなんですが。


しかし、基本はひねくれてて冷たいと言えます。

正直言うと、私はそんな自分も嫌いじゃないです。
明るくて、誰にでも優しい笑顔の自分に、どうしても興味が湧きません。 

一匹狼な自分が結構好きです。
 

話を戻しますが、

HSPの特徴を見ると、すごく当てはまるって感じたんです。


こんなに当てはまるけど、優しくない私は

本当にHSPなんだろうか、悩み、名乗る事に罪悪感を感じていました。


しかし、私はこのHSPという気質に出会い、

自分と向き合ううちに、心が軽くなっていくのを感じました。

苦手なものを避け(悪いことではありません)
得意なものを活かせるようになった事で、

前より少しだけ生きやすくなった気がしています。


E2D5280D-FBC8-4DF4-B526-E0E61B3ED14C

自分の経験を通して苦しんでいる誰かの心が軽くなったらいいな。


という表向きの気持ちと(笑)


自分の気持ちを整理し、苦しさに囚われたままの自分を楽にできたらいいな。

ただただ、幸せに生きたいな。

という本音から、私の経験談をブログに綴っていきたいと思います。


次回から本題に入りますよ!

こんばんは。ゆきんこです。

ブログに描きたいネタはたくさんあるんですが、
考え過ぎちゃって
何もかけない日々が続いています。

今日は特にオチも何もないのですが、
今日の出来事です。

超ご高齢のご利用者さんのところに訪問して。
癒し系です。


9AC6C511-03CD-4FCD-9BF6-DB531EE829FB



D298CED8-DA38-4FAF-B2C0-D0C4AF6AC69A

 
ダーツ方式ではないんだけど😭
ちゃんと毎週くる方式ですよ✨

ちなみに私は膝ついてマッサージしているところです。
車椅子ちゃんと描いたの初めてかも!
 
短いですが、癒されました💖 
明日も仕事頑張ります💪

 

↑このページのトップヘ